strawberry time

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
24
 
『サド侯爵夫人』観にいってきました。
キャスト見たときに、こりゃ~観なくちゃ!って思いましてね。
張り切ってチケットを取ったものの・・・
なんじゃ今日の天気は~~~。
行く気なくすじゃん。もう。
さすが雨女の私ですので、家を出るときも、新大久保の駅降りたときも、じゃんじゃん雨が降ってました。とほほ・・・

三島由紀夫の戯曲『サド侯爵夫人』。
実は原作読んでないんですよね~私。
今日のために読んでおきたかったんですが、何せ時間がなくて・・・
かなり前に藤本ひとみの「侯爵サド」は読みましたが。
藤本ひとみの本はすごく好きで何冊も読んでいるのにも関わらず、「侯爵サド夫人」は読んでなかったり~。
そういえば、いつだったか映画館で「クイルズ」っていうサド侯爵の晩年を描いた映画も見た記憶が。

そんなわけで、少し早めに劇場に行って、すぐにパンフレットを購入。
始まる前にガンガン読んでおきました。
音楽もなく、とにかく膨大な台詞を役者さんたちが話すと思うと、少しでも内容を知っておきたかったの。
っていうか、やっぱ原作読んでおきゃ良かった・・・って後悔しまくりです。

それでも、すっごく面白くって、始まってすぐに引き込まれていきました。
舞台上には、黒の大きな屏風?のようなものと、三角の斜めの台があるだけ。
1幕から3幕までありましたが、ずっとそのままです。
でも、時代によって、ということでしょうか。衣装が変わり、髪型も変わります。
あとは想像の世界。だからまた面白いんでしょうね。

お席もまずまず前だったせいか、役者さんの表情がよく分かりました。
登場人物はみんな女性なのに、オールメール。

サド侯爵夫人ルネは篠井英介さん。
所作がとても美しかったです。
そして何より3幕の長台詞は圧巻でした。
最後の言葉はとにかく鳥肌が立ちました。
私的には2幕の衣装が篠井さんにはお似合いだったんじゃないかな~って思いました。
いや~篠井さん、いいね~~!

ルネの母親、モントルイユ夫人に加納幸和さん。
加納さんもやっぱり素晴らしい役者さんですね!
ルネと母親のやりとりは見逃せません!!
加納さんと篠井さんは18年ぶりの共演とのこと。残念ながら私は過去のお二人の一緒の舞台を観たことはないのですが・・・
今日観ることが出来て良かったな~って思いました。
もっともっと対決してほしかったけど・・・(笑)
ルネの母も、ある意味 悪、、ですよね。ルネにとっては。
実際母としての立場を考えると、娘のことを思って、ってことになるんでしょうけど・・・

サン・フォン伯爵夫人に天宮良さん。
いやいやいい味だしてました~!
最初の方でちょっとよろ~ってしてましたけど、ま、慣れない衣装に靴ですものね(笑)。
天宮さんの女役っていえば、ヤンさん主演の「ハムレット」。
男と女が入れ替わった、ちょっと変わった舞台でしたが、天宮さんはガートルートを演じたんでしたね~。懐かしい!
今回のサン・フォン伯爵、2幕のある告白の場面は目を離せないものがありました。
その都度見せる表情がとにかく印象的で、何を考えてるのか、今度は何を言い出すのか、とても興味深く見ていましたね~。

そして芳樹くんのシャルロット。
過去にライフのFCに入ってて、芳樹くんの担当だった私ですが・・・(笑)
生芳樹くんは超お久しぶりです。
あんまり台詞もないですし、何を考えているのかいまひとつ分からない感じでしたが、そういうふうに演じていたのかな。
パンフには、二面性ってことが書かれていたけれど、これを読まないともしかしたら分からなかったかもーっていうのが感想です。

石井さんはシミアーヌ男爵夫人。
2幕は出てこなかったっけ・・・
加納さんや篠井さんに比べると所作などは劣るかもしれないけれど、背もちっこくて可愛い感じでした。
メイクがあんまり似合ってなかったかも(笑)。

小林さんアンヌ。ルネの妹ですね。
うーーーん。この人の衣装はこれでいいの?かなり微妙でした。
そして、どうしてもこの人が出てくると、ふっと現実に戻ってしまうというか・・・
下手ではないんだけど、男臭さがどうしても見え隠れしてしまってるように思えてね~。
ちっと残念でした。


そんなわけで、あっという間の2時間45分でした。
3幕は隣の人はガンガン寝てるし、周り見ても結構頭がクネクネしてる人が多かったうように思うけど。
もったいないなーーーー。って思っちゃったよ。
確かに長い台詞の中で、本当に言いたいことなんて、その中でほんの一握りなんだろうけどさ。
せっかく観にきたんだから楽しまなくっちゃ!ねぇ。

3幕でのルネの話の中に、サドの執筆の話があるんだけど。
映画「クイルズ」で見たときの映像が私の頭に蘇ってきました。
映画では、執筆することへの執念が激しく描かれていたんですよね。


それにしても・・・どの舞台にも、メッセージが必ずあるでしょ。
それを読み取るのが楽しいのよね。
今回は・・・まだまだ三島作品を語れるほど、三島作品に触れてないし、理解してるわけではないんだけどね。
それでも、私なりに、大きなものをつかんできました♪
その話は、またいつか・・・
ってことで。

観にいって良かったです~~~☆


<キャスト>
ルネ(サド侯爵夫人)・・・篠井英介

シミアーヌ男爵夫人・・・石井正則
アンヌ(ルネの姉)・・・小林高鹿
シャルロット(モントルイユ夫人家政婦)・・・山本芳樹
サン・フォン伯爵夫人・・・天宮 良

モントルイユ夫人(ルネの母親)・・・加納幸和
スポンサーサイト
    20:57 | Top
プロフィール

miho

  • Author:miho
  • お芝居大好き~!
    時間とお金があれば、劇場へ!!

    好きな人・・・上川隆也 高井治 鈴木涼太 安寿ミラ 他 (敬称略)

    日々思ったこと、観劇感想などを記しています。


    只今まったり更新中。
観劇予定
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
カテゴリー
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。