strawberry time

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
07
 
NHK衛星放送「深夜劇場へようこそ」で去年のキャラメルボックス公演『SKIP-スキップ』が放送されていました。
もちろん、私はそんな遅くまで起きてられるような人ではないので、さっさと寝まして、ビデオちゃんに録画しておきました

最初に成井豊さんのお話がありました。
キャラメルボックスが出来た頃のお話や、お稽古のお話、何故北村薫さんの『スキップ』を舞台化したのか、などなどとても貴重なお話が聞けて良かったです。
何で自然に笑えるようなお芝居ができるのかも、とてもよく分かりました。
いつも、必ずどこかで笑わせてくれる。それも無理なくね。
だから私はキャラメルボックスが好きなんだなぁ~と思います

『SKIP-スキップ』は、映像にしたらどうなの???と思っていました。
だって、彼ら学生には到底見えないしさ。(言っちゃった~~
割りと説明台詞ばかりだったから、映像じゃぁ飽きちゃうんじゃない?って思っていたのです。
実際に映像で観て・・・生ほどの感動は薄れちゃってたけど、でも涙は溢れて溢れて・・・
やっぱり私はこの作品が好きだな~と思いました。
「イヤだからやろう」とする前向きな真理子と坂口さんが重なって。
確かにね。説明台詞ばっかだし、本を読んでいない人からすると意味の分からないところもあるのかな?とか、逆に原作が大好きな人はこの舞台が好きになれないかもしれないな、とか。色んなことを思いました。
でもね。やっぱり舞台は生がいいよ。
あの時のあの劇場のあの空間が、本当に忘れられないのよ。特にこの作品はね・・・
ただ、私、劇場では涙で最後はよく見えなかったんですけどね。
この放送を見て・・・最後の真理子や桜木さんの表情が、とってもとっても良かったんですよね。
だから、映像だったけど再び観れて良かったなぁ~と思いました。
もう、保存版ですね


北村さんの本を読まれたことがある人は分かると思いますが、お話の中に、たくさんの伏線がはられています。
この舞台も、もちろんその伏線が大事にはられていて、お話が進行していきます。
とても不思議なお話だし、最後の結末は、一番最初に読んだ時は納得できるものではありませんでした。
だって、普通は・・・ねぇ。戻れるでしょ?
だけど、だからこそ途中のお話の一つ一つが切なくて、涙が止まらないんですよね・・・

この舞台を観る前、最初にチラシを見たときに、何でこの『SKIP-スキップ』は高校生の真理子と42歳の真理子の二人が出てくるんだろう?と思いました。
でも二人で演じたからこそ、42歳の真理子が思うこと、まだ高校生の真理子が思うこと、その二つが相乗効果となっていったんだなぁ~と思います。
そして、キャラメルボックスだからこそ、あそこまで二人が一人の人物を演じることができるんだなぁ~と成井さんのお話を聞いて納得しました。

因みに、映像で学生に見えるか?ですが(笑)
苦しい人もいれば(笑)微妙な線で頑張ってる人もいましたね。
ははは!!
以前の私の観劇日記に書いてある通り、岡田さんはいけてないですね。
でももっといけてないのが西川さん(笑)。
いや、いけてたら恐いですけどね。。。(笑)
スポンサーサイト
    20:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://strawberry18.blog4.fc2.com/tb.php/278-92978ac9
プロフィール

miho

  • Author:miho
  • お芝居大好き~!
    時間とお金があれば、劇場へ!!

    好きな人・・・上川隆也 高井治 鈴木涼太 安寿ミラ 他 (敬称略)

    日々思ったこと、観劇感想などを記しています。


    只今まったり更新中。
観劇予定
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリー
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。