strawberry time

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 
28
 
昨日の続きを・・・
メモ書きみたいな感じだけど、まぁいいか。ははは。
私ね、「ベルばら」フェルゼン編は、このフランス革命が始まったあたりからやったら良かったんじゃないかな~って思うのよ。
(今宵一夜の場面とかは無理矢理やらなくていい!!!)
そしたらフェルゼンとアントワネットの二人の関係がもっともっと濃い内容に出来たんじゃないかな~って。

・・・・・・・・・・・・・
1789年7月14日はフランス革命が始まった日です。
銃や大砲で武装したパリ市民は、バスチーユの牢獄を襲いました。
国王と民衆が手を携えて理想の国家を作る。それが革命の目的です。
その日のルイ16世の日記にはこう記されていたそうです。
 「7月14日なにもなし」
また、フランスの三色旗はこのとき国旗に制定されました。
赤はパリ市、青は革命軍、白は王家の象徴です。
革命により、フランスは王政から共和制へと大転換を成し遂げました。

バスチーユを襲って3ヵ月後の10月5日。
食糧不足に困っていたパリの女たちがバスチーユに向かって行進し始めました。
異変に気付いた王妃は、王妃のベッドの脇にある扉から国王の下に走りました。国王に知らせると、アントワネットは裏階段を使い屋根裏へ逃げました。そこは「ビリヤードの間」という小さな部屋でした。
しかし、民衆の代表の説得を受けバルコニーに姿を現しました。
そこでアントワネットが優雅にお辞儀をすると、人々は静かになり、そしてその優雅さに息を呑んだといいます。
ルイ16世とマリー・アントワネット。結婚以来19年間を過ごしたヴェルサイユ宮殿を去り、その日のうちにパリの王宮へ移ることになりました。

革命から2年がたった1791年6月21日、国王一家はアントワネットの祖国に脱出を試みました。
しかし事件は発覚してしまいます。国王一家はパリへ連れ戻されることになりました。
国民にとって許すことの出来ない裏切りであったのです。
そして国王の存在自体に疑念がもたれるようになりました。
国王一家は陰鬱なタンプル塔に移されるのです。(現在は公園とパリ市の区役所になっています。)

国王に対しての裁判は死刑。またアントワネットも処刑されてしまいました。
アントワネットが捕らえられていた牢獄コンシェルジュリーは、裁判所と牢獄が一緒になっていたそうで、フランス革命が起こった時には4000人が収容されていたそうです。そして7割の人々が断頭台に送られたといいます。
1793年10月16日、コンコルド広場でアントワネットの処刑は行われました。
アントワネットのブロンドの髪は白髪になっていました。
しかし毅然ある態度は最後まで崩そうとはしませんでした。

アントワネットのいた牢のあとは、今は礼拝堂になっているようです。

◆プチ トリアノン
宮廷の生活に馴染めないアントワネットに国王が送った小さな館だそうです。
アントワネットはここがたいそう気に入っていたそうで、多くの時間をここで過ごしたと言われています。
トリアノングレー(薄い灰色)の「お供の間」はアントワネットが好んだ薔薇やユリの花の模様の家具が置かれています。
プチトリアーノというお部屋は、おつきの者がロープを引くと窓に鏡が持ち上がるようになっていました。
窓から射す光りが、鏡が持ち上がると、随分とお部屋の印象を変えてしまっていました。
また、夢見る世界を庭に作ったそうで、そこは宮殿とは180度違う世界でした。

プチトリアノンを通り過ぎ、薔薇のゲートをくぐると、今まで公開されたことのなかったアントワネットの小劇場があるそうです。
そこは、奇跡的に革命前の姿をとどめているそうです。
また、舞台裏には当時のままのせりなどがそのまま残されているそうです。


こうしてみると、一市民から見た貴族社会と、アントワネットの立場で見るのとでは、随分温度差があるように思いました。
優雅な暮らしをしていても、心のどこかで一人の女性でありたかったのでは・・・。

いつか、このヴェルサイユ宮殿やパリの街を訪れてみたいです。

今日もランキングクリックよろしく~♪
スポンサーサイト
    20:21 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://strawberry18.blog4.fc2.com/tb.php/422-a05d81c4
ヴェルサイユヴェルサイユ(Versailles、威尓賽、威爾賽)は、フランスの北部に位置する都市で、イヴリーヌ県の県庁所在地である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License 2007.03.09 14:31
プロフィール

miho

  • Author:miho
  • お芝居大好き~!
    時間とお金があれば、劇場へ!!

    好きな人・・・上川隆也 高井治 鈴木涼太 安寿ミラ 他 (敬称略)

    日々思ったこと、観劇感想などを記しています。


    只今まったり更新中。
観劇予定
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
カテゴリー
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。